㊗️ クリスマス 12月(12/25)マハロ リリース情報

ハッピー・アロハ・フライデー🤙 メレカリキマカ🎅🎄🎁💯🌋
クリスマスはマハロアンリミテッド恒例、月刊リリース決定!!

DTIM_coverDON TELLING’S ISLAND MYSTERIES

ドンテリングス アイランド ミステリーズ

ドンテリングス・アイランドミステリーズは、1992年に不正な海洋学者、熱心な民族音楽学者、そして消極的なバンドリーダーのドンテリングによって結成されました。2021年1月現在、クインテット(5人のメンバー)は、Ned Brownlow(パーカッション、バードコール)、Scott Thompson(ピアノ、アコーディオン、テルミン、琴、ウード、昆虫の音)、Davey Blackburn(パーカッション、葉の音)、Bo White(ベース、哺乳類のニュアンス)、Tyler Baum(スライドギター、家具の修理)
DTIM_billiards_Music Produced, Arranged, Mixed and Performed by Don Telling with B. Bagwell, T. Baum, D. Blackburn, N. Brownlow, S. Thompson, and B. White

EXOTIKA 2021

南太平洋、ハワイ、カリフォルニア、そしてパシフィックコーストと強いつながりを持ちながら、”ほぼ” ハワイアンではない、ハパ・ハオレによってホノルルのホテルラウンジやルアウ・ショー、コースト沿いのTIKIクラブでビジター向けに連日連夜演奏されるという文化から生まれたエキゾチカ。アイランドジャズ、TIKI、スペースエイジ、Hi-Fi、ロックンロール、オーケストラ、ボッサ、ブラジル、インド、アフリカ、アジア、そしてラテンなどのワールドミュージック、また フラ、バーレスクやベリーダンスをモチーフに、そしてハワイアントラディショナルをスパイスにという、さながら音楽の世界航海を楽しみながらそのムードに酔いしれるジャングルサウンドの魔力の虜になったフォロワーは数えきれない。 1970年代後期、日本では細野晴臣がエレクトリック・エキゾチカをコンセプトにテクノポップグループ YMOを結成し、Martin Denny楽曲をカヴァー。80年代中期にはTOKYOクラブシーンの重鎮であるヤン富田がエキゾチカをアーカイヴ、中西俊夫率いるWater Melon Groupがバンドサウンドでエキゾチカをフォローバックした。

1990年には、Exotica ‘90としてTOKYOクラブシーンの重鎮達が、Martin Denny グループと東京〜ホノルルを結びアルバムを共同制作。90年代中期には、Exoticaのゴッドファーザーと称賛されるオルガン奏者 Korla Panditが西海岸のロックンロールシーンに駆り出され、スウィンギン・ロンドンを彩ったBaxterの代表作 “Afican Blue” はサバービア、フリーソウルがプロモートした。 1997年、ハワイではレムリアのキーボーディスト Kit “Perry Coma” Ebersbackとプロデューサー Fluid Floydを中心に本格的な大所帯エキゾチカバンド DON TIKIを結成、2000年代にかけて3枚のアルバムと世界中からリミキサーを集めたリミックスアルバムをリリース。2000年にはノルウェーのインディレーベルからハワイ出身のトラヴェラー Renn Loaがハワイとノルウェーを繋いだ共同制作アルバムをリリース。また、最も重要なTIKIリヴァイヴァルの動きとしてTIKI文化研究の第一人者である Sven KirstenによってTIKIカルチャーアーカイヴ”BOOK OF TIKI”が2003年に出版された。このような潮流から、2000年代は本格的なTIKIリヴァイヴァルがハワイとカリフォルニア、そしてヨーロッパ、主にドイツのATA TAKレーベル周辺のノイエ・ドイチェヴェレ人脈とリンクを持ち、世界的なムーヴメントとして発展した。その後、2000年代中期にWaitiki 7などのエキゾチカバンドがホノルルで結成されたが、2000年代初頭のシーンの盛り上がりまでには至っていない。

さて2020年現在を見渡すと、”ネオエキゾチカ”シーンが気がつけば世界中へと拡大。北欧の’IXTAHUELE、デトロイトのMello Exotica、メンバーにマーティンデニー楽団のバード・コールでその名を知らしめたAugie Colonの実息であるLopakaを擁したハワイ・オアフ島のエキゾチカDUBバンド INTOXIKA、そしてこの度、遂に本邦初登場!ワールドワイドリリースとなる米国メインランド・ノースカロライナ州を拠点に活動するDON TELLING’S ISLAND MYSTERIES(以下、DTIM)となる。

DTIMのバンドリーダー DON TELLINGは、国際貿易、バンドリーダー、オーシャン・リサーチャー、そしてタレント/モデルスカウトなどのマルチな活動で知られる人物であり、しばしばメンバーを集めては密かにギグを行っている。2008年に発表されたファーストアルバム冒頭には、エキゾチカクラシック Quiet Village、日本人には馴染み深い坂本九のワールドヒットで知られる Sukiyaki(上を向いて歩こう)、エキゾ・パシフィック大定番 MiserlouやBali Ha’iのカヴァーを含む全10曲が収録された緩やかな熱帯感を持つ、その名の通りミステリアスなアルバムに仕上がっている。是非、この冬は南太平洋を出港し、世界を航海するDON TELLING号へと飛び乗り、彼らの演奏するネオエキゾチカサウンドでワールドトリップをお楽しみください。ヴォン・ヴォヤージュ!

−マハロ アンリミテッド

dtim_islands

価格 : 3600円(税別)
仕様 : 33 1/3 回転 アナログ LPレコード黒盤
カタログ : TIM010-LP
JAN : 4589909688220
特典 : 名刺型DLカード付属、ニュースペーパースリーヴ ダウンロード
レーベル:マハロ アンリミテッド 日本仕様盤
発売日:2020年12月15日(火)マハロオンラインストアにて限定発売

予約受付中!数に限りがありますのでお早めに。12/14(月)より発送開始いたします。

dtim_album_beach
価格 : 2000円(税別)
仕様 : ミュージックオーディオテープ ノーマルポジション タイプ I、シルバー・グリッター・シェル
カタログ : TIM010-CS
JAN : 4589909688213
特典 : 名刺型DLカード付属、ニュースペーパースリーヴ ダウンロード
発売日:2020年12月25日(金)全国有名レコード店にて発売
レーベル:マハロ アンリミテッド
ディストリビューション:JET SET

DTIM_J-CARD

DTIM_CASSETTE

dtim_club_photo

mahaloUNltd_logo

㊗️ 開催 RSD Drops 8月(8/29)リリース情報

アローハ!8月にRSD Dropsとして開催がスタートするRSD(レコードストアデイ)第一弾の8月リリースは、注目の2タイトルが日本先行でドロップされます!

Rolando Sanchez & Salsa Hawaii “ALOHA MAMBO” Vinyl 7″ EP
(RSD Drops 8/29発売 限定盤)

AlohaMambo_JKT

AlohaMambo_Labels

フォーマット:アナログ 7″ EP、クリア・イエローカラーヴァイナル
カタログ番号:TIM002-EP
JAN:4589909688169
レーベル:Mahalo UNltd(マハロアンリミテッド)
価格:2000円(税別)
ディストリビューション:JET SET

お知らせ:本作品はRSD Drops 8月29日のリリースを予定しておりましたが、プレススケジュール遅延により、約2週間後の9月16日へと発売日が延期となりました。アーティストをはじめ、ご関係各位、RSDリリースを楽しみにしてくださっていた皆様へ深くお詫び申し上げます。マハロ・アンリミテッド
 #Frank Leto and PANdemonium カセットアルバム発売日(8/29)のご変更はございません。

RolandoSanchez_EP

ハワイを代表するラテンロック・サルサ界のスーパーリジェンド、ローランド・サンチェス&サルサハワイのスマッシュヒット”ALOHA MAMBO” EPが遂にリリース!ジャケットはやはりハワイの著名イラストレーター タミー・イーが担当、貴方をホノルルのラテンパラダイスへと誘います。

※本作は日本先行リリース後、ワールドワイドリリースが予定されています。

Rolando_Sanchez

ローランド・サンチェス&サルサハワイのリーダーであるローランド・サンチェスは、幾多の音楽賞受賞経験を持つ、現在のハワイを代表するラテンジャズ、ラテンロック、サルサパーカッショニスト、シンガーソングライター、RSCミュージックのレーベルプロデューサーだ。ニカラグア出身、サンフランシスコ近郊で活動を開始したローランドは、現地のラテンロックグループとセッション、レコーディングを重ね、1984年にハワイへと移住。DIANE & DA BOYZなどの初期ジャワイアングループのライブセッション参加から、ラテンジャズ・サルサの帝王ティト・プエンテ、サンタナグループに在籍、AZTECAなどレアグルーヴの世界でも著名なパーカッショニスト ピート・エスコヴェード、そしてプリンスとのセッションで世界的に有名になったピートの娘 シーラ・E などのビッグアーティスト達とも共演。アイランド・ジャズのメッカ、BLUE NOTE HAWAIIにおいても定期的に出演を重ねている。また、オアフ島のAMラジオステーションKNDI-AM1270にて、ハワイ在住 南米移民向け音楽番組のパーソナリティーとして毎週レギュラー出演し、ホットなラテン音楽をアロハとともにハワイ諸島全域に伝えている。まさに彼の故郷である南米・ニカラグア、サルサが生まれたNY、カリフォルニア~ハワイを、アイランドフレイヴァー溢れるラテンサウンドによって繋げているハワイ・ラティーノ界の重鎮である。

Rolando Sanchez & Salsa Hawaii オフィシャル
http://www.rolandosanchez-salsahawaii.com/
https://www.facebook.com/salsahawaii


FRANK LETO “FRANK LETO and PANdemonium” CASSETTE
(RSD Drops 8/29発売 限定盤)

FrankLeto_and_Pandemonium-original

あなたがパーティーをしたいなら、これはあなたのためのアルバムです。カリプソ、レゲエ、スカ、サンバのグルーヴはどんなパーティーでもホットになります!パーティー客とパーティーに溢れた家に最適な一本。このカセットは間違いなくあなたを躍らせますョ…レッツパーティー! – フランク

※本作は日本先行リリース後、ワールドワイドリリースが予定されています。

1989年にハワイ・レコーディングされたプリ・ジャワイアン期の貴重なアルバムがRECORD STORE DAY 2020限定盤としてカセットテープ・リリース。クリア・イエローシェル仕様です。

レゲエ、ソカ、サルサ、サンバ、ズークなど多文化的な音楽スタイルを融合させた独自のサウンドで、米国・メインランドを中心に精力的に活動している名バンド、Frank Leto and PANdemonium。’89年にハワイでレコーディングされた代表作『PANdemonium』がカセット化です。キャッチーなイントロに心躍るゴキゲンなソカ・チューンA1″Party Tonigh”。レイト80sな雰囲気満載のポップさが心地良いレゲエ・ナンバーA2″Time”。アフロビート、ルンバロック、リンガラといった趣のA3″Song For The Amazon”。ラテン・テイストを下地としたロックステディ・チューンB3″Even In Paradise”など全7曲を収録。日本企画の100本限定オフィシャル・リリース、ダウンロード・コード付属です。

Frank_Leto

フランク・レトは米国・メインランドで活躍するワールドミュージック、マルチ・カルチュラルアーティスト・ミュージシャンだ。音楽教育者でもある彼は、モンテッソーリ教育をベースにした音楽教育分野において数々の受賞を受けた人物でもある。カリプソ、ソカ、レゲエ、ハワイアン、ジャズ、ブルース、サルサ、サンバ、ルンバ、ザイディコ、アフリカン&ネイティブアメリカンなど多岐に渡るジャンルを横断し、あらゆる人種とレコーディングを重ねてきた。このカセットはハワイで1989年にレコーディングされたプリ・ジャワイアン期の貴重なレコーディングであり、アフロ・ファンク、レゲエ、そしてハワイアンラップのフィーチャーなどパーティー感溢れる彼の代表作のひとつでもある。彼の率いるFrank Leto and PANdemoniumは現在でも精力的に活躍中だ。

Frank Leto オフィシャル
https://www.frankleto.com/
https://www.facebook.com/frankletomusic/

FRANK_LETO_A
FRANK_LETO_B

フォーマット:カセットアルバム、ダウンロードコード付き(ボーナス2曲)、クリア・イエローシェル
カタログ番号:TIM005-CS
JAN:4589909688176
レーベル:Mahalo UNltd(マハロアンリミテッド)
価格:2000円(税別)
ディストリビューション:JET SET

cassette_week
CASSETTE WEEK 2020 参加作品

CASSETTE WEEK 2020 US OFFICIAL

mahaloUNltd_logo

Roland Sanchez & Salsa Hawaii カセット&ヴァイナルプロジェクト進行中!

アイランドミュージックに特化した音楽出版、広告プロモーションプロジェクト Island Roots On Wax(アイランドルーツオンワックス)ニュードロップがいよいよ!ハワイを代表するリジェンド中のリジェンド、サルサ・ラテンロックアーティスト Rolando Sanchez and Salsa Hawaii(ローランド・サンチェス アンド サルサハワイ)のスマッシュヒット、”ALOHA MAMBO”、カセットシングル&ヴァイナルEPが今夏リリースに向け進行中!デザインはこちらもハワイを代表するイラストレーター Mis. Tammy Yee(タミー・イー)が手がけます。続報に乞うご期待!

先日ローランド率いるグループはハワイ・オアフ島屈指のジャズスポット、BLUE NOTE HAWAIIに出演。ハワイ時間(本日)6/25の今宵もSANTANAトリビュートと題し、SHAKKA BANDのメンバーとして出演します。ALOHA!!

Tito Puente, Pete Escovedo Orchestra feat. Sheila E, Rolando Sanchez & Salsa Hawaii Circa 1999
PC: RSC Music Hawaii

ラテンジャズ、サルサの帝王ティト・プエンテ、サンタナグループに在籍し、AZTECAなどレアグルーヴの世界でも知られているパーカッション奏者ピート・エスコヴェード、そしてプリンスとのセッションで世界的に有名になったシーラ・E(ピート・エスコヴェードの娘)と共演。NYとカリフォルニア、ハワイの”点”がラテン、サルサの”線”で繋がった一夜。

ジャワイアン グループ DIANE & DA BOYZのバックでShabba Ranks Ft. Maxi Priest “Housecall”カヴァーを演奏するRolando。若かりし頃のPapa-T (B.E.T.-Big Every Time)もラガマフィンを披露する貴重なジャワイアン・ライブ映像! BIG UP JAWAIIANS!!
Courtesy: Heineken Hot Hawaiian Nights 1995