EXOTIKA 2020

アロハ!

皆さんは1950年〜1960年代にハワイ〜カリフォルニアを拠点に世界へと拡がったTIKIミュージックを生んだエキゾティカ・ビッグスリー(Martin Denny, Arthur Lyman, Les Baxter)、そして戦前(1930年代後半〜)より活動を開始、テレビ番組出演のパイオニア、エキゾティカのルーツとされる第4の男 謎のインド人オルガンプレイヤー コーラ・パンディット(Korla Pandit)の存在をご存知でしょうか?

KorlaPandit
“The Godfather of Exotica” Korla Pandit
PC Korla The Movie 🎥

“EXOTICA BIG 3”

MartinDennyGroup
Martin Denny Group at The Tapa Room (Hilton Hawaiian Village)

Martin Denny
1970年代〜1980年代にかけて YMO(イエローマジックオーケストラ)やウォーターメロングループがカヴァーしたことで、日本のポップシーンでの人気が高く、YMOチルドレン、裏原系B-BOYによってフォローされ、”ファイヤークラッカー”をはじめとしたカバー曲が今なお取り上げられるエキゾティカ・キング、マーティン・デニー。YMOがテクノポップとして演奏したカヴァーは彼が亡くなる直前、2000年代初期のU.S. TOP 40においてもサンプリングされ、世界的なTIKIリヴァイヴァルと連動して、新たなフォロワーを生み出し続けている。

デニーはNYで生まれ、カリフォルニアの音楽学校で学んだ後、チャイニーズやバード・コールズ(鳥の鳴き声のモノマネ)で知られたヒスパニック系ハワイアンのセッションミュージシャンを雇って楽団として率い、オアフ島のヒルトンハワイアンビレッジのホテル内バーラウンジ、シェル・バーやタパ・ルームでエキゾティカやジャングル・ジャズをレギュラー演奏。同時にハワイ〜カリフォルニアのTIKIバーやラウンジで人気を博したアーティストだ。毎週金曜の夜にヒルトンで打ち上げられる花火を見ながら、エキゾティカの定番 ”ファイヤークラッカー”を聞けば、あなたは間違いなくハワイ・トリップの印象が変わるはずだ。

ArthurLymanGroup_ShellBar
Arthur Lyman Group at The Shell Bar (Hilton Hawaiian Village)

Arthur Lyman
かつてヒルトンハワイアンビレッジのカリア・タワー エリア内に存在したアメリカを代表する多面体ドームのパイオニアとして知られる建築実業家 ヘンリー J.カイザー(ハワイアンビレッジの前オーナー)が設計・建設したアルミニウムジオデシックドーム。※同時期に多面体ドームで特許を取得した発明家バックミンスター・フラーのスタイルから、一般的にはフラードームとも呼ばれる。

マーティン・デニー・グループを離れた後、日系シンガーやプレイヤーを雇い、そのアルミニウムドームでアイランドジャズを演奏し、アルバムのレコーディング(!)まで行っていたのはエキゾチカ・ビッグ3の中でも唯一ハワイ生まれのマルチプレイヤー・ビブラフォン奏者 アーサー・ライマン。リリースされたアルバムは当時最新技術であったHi-Fiステレオエフェクトが駆使され、3Dエキゾティカ・ラウンジミュージックとも呼ばれた。その当時の雰囲気は、映画「ハワイの若大将」のワンシーンでも確認することができるはずだ。日本でも70年代のザ・ドリフターズのTVバラエティ「8時だョ!全員集合!」のカトちゃん登場テーマとして知られる(ちょっとだけよ..)”タブー”は、彼の最もよく知られたエキゾチカ・アレンジ曲とされている。(Tabooはキューバの作曲家 マルガリータ・レクオーナのペンによるもの)

keiserdome
KaiserDome_ HNL
Kaiser Aluminum Dome (Hilton Hawaiian Village) | PC Wenkam photo | tikiroom.com | American Wind

ArthuLymanGroup
THE EXOTIC SOUNDS OF Arthur Lyman AND HIS GROUP | PC tikiroom.com

HILTON_HAWAIIAN_VILLAGE_50s
Hawaiian Village Hotel Map 1959 | PC Kamaaina56 Flickr

Les Baxter
彼らが演奏するエキゾチカ・ヒットを作曲、また 巧みなアレンジで過去のアフロキューバン佳曲をエキゾチカカバーしたことで知られるのはテキサス生まれ、主にメインランドで活躍したコンポーザー・アレンジャーの鬼才 レス・バクスター。デトロイトでピアノを学んだ彼は、コンセプトアルバムの名作を連発し、オーケストラを率いてエキゾティカ、TIKIミュージックの確立を成し遂げ、カリフォルニアのニューポートビーチでその生涯を終えた。彼の”Quiet Village”は、マーティン・デニーが世界中で大ヒットさせたエキゾティカの名曲として、現在でも語り継がれている。

LesBaxterRitualOfTheSavage_album

LES BAXTER AND HIS ORCHESTRA “Ritual of the Savage” Reissue
PC: WaxTime

“The Godfather of Exotica” Unversal Language of Music

Korla Pandit
上記でご紹介したエキゾチカビッグ3が多大な影響を受けたとされるのは、The Godfather of Exoticaとして知る人ぞ知るコンポーザー、ピアノ・ハモンドオルガン奏者、Korla Pandit(コーラ・パンディット)エキゾティカ界のサン・ラとして知られているとかいないとか。

ミズーリ州生まれのアフリカ系アメリカ人(ライトスキン:肌の薄い黒人)であった彼は、1930年代後半、L.A.へ移住したのち、ニューデリー生まれのインド人と名乗り、生涯を通じて活動したー

第二次世界大戦後はハリウッドテレビ番組にオルガンの生演奏で出演。初期テレビ放送のパイオニアとして一躍時の人に。当時は米国の人種差別問題もあり、移住当初はメキシコ人と偽り、その後 白人女性とメキシコで結婚(黒人はカリフォルニア州内での結婚が禁じられていたため)、家族の勧めから”インド人”となって音楽業界への潜伏に成功。

主にドゥーワップなどの黒人音楽をリリースしていたインディペンデントレコードプレス工場兼、レーベル Vitaで1950年から作品のリリースを開始したコーラ。その後、自らのインディペンデントレーベル Indiaを1954年に立ち上げる。その後、SFベイエリアのレーベル Fantasyからも作品はリリースされた。生涯、自身のアイデンティティを偽り、インド人として半生を通した彼は1998年の彼の死後に黒人であったことが明らかにされた。

Korla_Vita
VITA RECORDS | Korla Pandit album advertisement

Korla_Bronze statue

ミズーリ州でライトスキンの黒人として産まれ育ったジョン・レッド。1930年代終わりにハリウッドに移り住み、名前をコーラ・パンディットと変え、インドから来たミュージシャンとして、TV番組で人気者となった。その半生を追うドキュメンタリー Korla : コーラ (2015)
日本語版上映、正規盤リリースが待たれる。

柳原良平 WLL Ryo.WORKS アロハなニューアイテムが続々登場!

EnjoySeaTravelMOL

1965年 大阪商船三井 ハワイ航路が復活した際に制作されたポスター”Enjoy Sea Travel by M-O-L”をモチーフにした「船旅でハワイへ行こう!」Enjoy Sea Travel to Hawaii、フラガールにはマストアイテム! 6/23(金)発売

visitHI_Uncle_HulaGirl

「トリスを飲んでハワイへ来ました!」1961年に実施された壽屋(現:サントリー)「ハワイへ行こう!」キャンペーンツアー新聞広告に登場したアロハアンクル&フラガールのモチーフを60年代ヴィンテージサーフカラー6色展開に。夏にピッタリのリミテッドアイテム。

いずれの新商品も真空熱転写方式にて製造される側面印刷(3D)iPhoneケース、高級感のある手触り、鮮やかな発色が楽しめます。

お求めは各種オンラインショップ、お洒落なセレクトショップにて!

WLL_Ryo_MOL_hulagirl

#WLL #RyoWorks #AlohaUncle #HulaGirl #SUNTORY #MOL

WLL Ryo.WORKS Hawaiiへ行こう! 誕生秘話:後編

ハッピー アロハプレミアムフライデー!さぁ「ハワイへ到着!」

VisitHawaii

WLL Ryo.Works ハワイで乾杯!スマホマルチタイプ ケース

■ハワイで乾杯!アロハアンクルと日系移民
1961年(昭和36年)に開催されたハワイ招待セール当選者一行が日航機でハワイへ向かう写真がレイアウトされた広告は、1964年(昭和39年)に新聞広告として各紙へ掲載されました。このインパクトのある広告は当時のお茶の間に”夢の島 ハワイ”という印象を決定づけ、「トリスを飲んでハワイへ行こう!」は今でも日本人が愛して止まないハワイ観光の代名詞(キャッチコピー)となりました。

広告コピーから ―

トリスを飲んでハワイへきました!

フラダンスを見ました。

ルアウ(ハワイ料理)も食べました。ワイキキの浜で泳ぎました。

「おりおぅてつかぁさい。(お楽にしてください)」とみんなにいわれました。

広島弁、岡山弁ですが、日本語の通用する外国は愉快です。パラダイスです。

「しゃあけぇ、トリスは好きなんよ。エクストラになってから、やっぱ、味がようなった」 みんなで乾盃しました。

戦前から日系移民が多く住むハワイ― 太平洋戦争直前の1939年(昭和14年)時点でハワイ諸島の約39%の人達が日系であったと言われています。1868年(明治元年)には最初の移民を乗せたイギリス船籍サイオト号が無許可で横浜からハワイへと出航。1881年(明治14年)、明治天皇との移民要請に関する協議のため、サンフランシスコから英国船籍の船で来日したハワイ王国 第7代国王 デヴィッド カラカウア(フラ復興に尽力した陽気な君主(メリー・モナーク)として知られる)は横浜港に入港。1885年(明治18年)には、日布移民条約によって官民移民が正式に認められ、国策として日本全国から集められた多くの日系移民達は横浜港に集い、新天地に夢を持った一行は大桟橋からハワイ~カリフォルニアへと旅立ちました。当時の広告でもかつての移民の血を引く日系人のいるハワイが日本語が通用する愉快な外国として紹介されています。

■越境するTIKI(ティキ)カルチャー、そして、次世代を担うTIKIアーティスト
前編で紹介したSHAG(シャグ)はハワイ出身、カリフォルニア・パームスプリングスから世界中にTIKIアート&カルチャーを発信しています。同じく柳原良平のファンと公言する新世代TIKIアーティスト、MOOKIE SATO(ムーキーサトウ)氏は関西在住の国際的アーティストです。例年、フロリダ・フォートラウダーデールで開催されるTIKIカルチャーイベント The Hukilau(フキラウ)、また、南カリフォルニア・サンディエゴで開催されているTIKI OASIS(ティキ オアシス)では日本のTIKI-POP(ティキ・ポップ)アイコンとして知られ、多くの秀作を発表しています。また、米国全土、ドイツ、北欧、スペイン、オーストラリアなど既に世界中に拡大しているTIKI・ポリネシアンポップシーンの中で一目置かれている存在。直近の仕事では、日本が世界に誇る横濱・本牧のMOONEYES AREA-1(ムーンアイズ エリアワン)のブランド Hula Moon(フラ ムーン)とのコラボワークが注目されています。

TheHukilauMookieSato

The Hukilau Mookie Sato’s glassware design : Image courtesy Mookie Sato

Mookie Sato / velvet painting (short version)

さぁ、日本~ハワイ~カリフォルニアを横断!そして世界へと拡大する南太平洋のカルチャーに想いを馳せながら、プレミアムアロハフライデーはWLLストアでRyo.WORKSアイテムをゲットして「ハワイへ行こう!」(もしくは馴染みのバーへ行こう!)

WE Love Locohama ストア

PREKING

本日 3/31(金)プレミアムアロハフライデーは、WLLストア全商品が”PREKING”入力で10% OFF!!!
本日 3/31(金)プレミアムアロハフライデーは、WLLストア全商品が”PREKING”入力で10% OFF!!!
本日 3/31(金)プレミアムアロハフライデーは、WLLストア全商品が”PREKING”入力で10% OFF!!!

15時までにポチッ。
15時までにポチッ。
15時までにポチッ。

ゲットして、アロハプレミアムな華金にカンパイ!だゾ。 by アロハアンクル

How To Climb a Coconut Tree – Polynesian Cultural Center

#WLL #RyoWorks #goHawaii #AlohaUncle #アンクルトリス #トリストリストリス #SUNTORY #お酒 #ポリネシア #midcentury #デザイン #TIKICULTURE #TIKI #tikiart #Hawaii #Japan #California #Worldwide #coast2coast #808ulahawaii